北海道富良野・ファーム富田のラベンダー・北海道東日本パス旅行記

久しぶりの旅行記です。今回北海道・富良野にある「ファーム富田」の7月のラベンダーのみを書きます!往復JRで移動し、現地で実際に私が撮影した北海道のラベンダーの画像をたっぷりと。ファーム富田についても記載しています。夏はJRに乗って北海道・富良野へラベンダーを見に行きませんか?絶対に後悔しませんよ!

北海道、富良野・ファーム富田のラベンダーをたっぷりと。

北海道富良野ラベンダー
北海道富良野ラベンダー

大変ご無沙汰していました。色々ありまして、カレンダーアイコンと日めくりカレンダーを細々と更新することしかできなくなっていましたが、色々諸々と帰ってきていて、今後もどんどん発信していこうと心新たにブログを書きます(‘ω’)。

#短くしようと思っていたのにまた出来上がったら結構なボリューム(´Д` )

まずはずっと放置書けずにいた「夏旅北海道・北海道東日本パス・ファーム富田のラベンダー」、この場所についてがっつり書きます!

旭川から中富良野へ

JRで旭川から中富良野へ
JRで旭川から中富良野へ

前回の記事から間が10ヶ月ほど空きましたが、実際には10時間くらいしか経過していません(ゝω・)。
旭川駅からはいつもの宗谷本線始発でなく、今日は旭川から中富良野へいきラベンダーを見て、旭川に戻り、特別快速きたみで今日の目的地「知床斜里」まで行く日です。

さて、北海道の初夏といえば何と言ってもラベンダーです。ラベンダーといえばファーム富田です。各地色々ラベンダーで客寄せをしていますが、ファーム富田のラベンダーは個人的に本物の中の本物と思っています(なぜか、は記事の中ほどでじっくり書きますよ(‘ω’))ラベンダーのキングオブキングです。あまりに凄すぎて神々しさを感じます。

旭川駅・富良野線725D
旭川駅・富良野線725D

旭川から富良野へ行く富良野線です。もうこの時点でラベンダーの帯を巻くキハ150ですよ。2両の車両ですが、この列車は臨時駅でファーム富田に最寄りの「ラベンダー畑」には止まりません。ワンマン運転ですが、車内放送は日本語と英語でバッチリです。

#とにかく7月のラベンダーの時期、ファーム富田周辺は大渋滞JRは大混雑です。もっとも混むのはJRの普通列車も止まる祝日海の日の前後がちょうどラベンダーの満開と重なり、大変です。

ツアー、海外からの方が一気に押し寄せ、もうめちゃくちゃです( ˘ω˘)。

#なので、2018年より臨時快速が1本、旭川と富良野を往復します。特急車両らしいです。

そこそこの乗客を乗せて列車は旭川を出発します。

#この列車は札幌からの始発特急が旭川に着く前に出発しますので、そこまでエグい混雑ではなかったですよ(今後のダイヤ改正でどうなるかは不明です)

中富良野駅からファーム富田まで歩く

富良野線中富良野駅からファーム富田まで歩きます
富良野線中富良野駅からファーム富田まで歩きます

というわけで、ラベンダーシーズン最盛期「海の日の前後」以外は普通列車は「ラベンダー畑」の駅には止まりません。富良野線はラベンダーシーズンの時、始発から日中普通列車をラベンダー畑に止めて欲しいなぁ(´Д` )。主に富良野・美瑛ノロッコ号だけが停車する設定です。なのでノロッコ号は大変なことになるのです。

ラベンダー畑駅には止まらないので、最寄駅の「中富良野駅」から歩きます。歩いて15〜20分ほどの距離なので、全然余裕です。

駅を出て戻る感じです。なので、旭川から進行方向右手に座っているとファーム富田が見えますよ。

#ちなみに、富良野線にある赤い家などの見どころは旭川から富良野に向かって進行方向左手に集中しています。ファーム富田だけ右手。

上の写真の右にあるスノーシェード付き跨線橋を渡るともうラベンダーの匂いがすんごい(´Д` )

中富良野ラベンダー
中富良野ラベンダー

道路の脇にお花畑が出来上がっていて、ずっとラベンダーの香りの中を汗だくで(この年(2017)の北海道の7月はめちゃくちゃ暑くて蒸して大変でした。8月は雨ばかりのへんな年でしたね)まっくまっく歩いて行きます。

巨大な「メロン富田」の邪魔なアドバルーン、メロン富田の裏に見えました。ファーム富田に到着です。

北海道・ファーム富田のラベンダー

ファーム富田
ファーム富田

ファーム富田です。この後ろの一面の紫色がラベンダー。トラディショナルラベンダー畑です。この畑の上から撮られた1枚の写真がここファーム富田が今もありつづけられるきっかけとなりました。

斜面に敷き詰められた紫と、ものすごいラベンダーの匂い。本当にあらゆるところがラベンダーの匂いで充満しています。

ファーム富田の歴史

このお花畑がどういう経緯で今もあるのか知っていただくと、より一層このラベンダーが愛おしくまた特別なものだと感じていただけると思います。そこにはラベンダーを本当に愛した人の軌跡があり、今もそれは引き継がれています。

詳しくはオフィシャルページを見ていただきたいのですが、概要を記します。

ファーム富田のラベンダーは北海道での香料としてのラベンダー栽培を1958年に始めたところからスタートします。始まりはトラディショナルラベンダー畑。

ラベンダーは国内の旺盛な需要から北海道のあちこちや、富良野一帯で栽培され、出荷されていました。1970年に最盛期を迎えます。

その後、合成香料や輸入品が国産(富良野産ラベンダー香料)を駆逐します。一気に買い取り価格が下がり、採算が取れないものとなったラベンダー。富良野地方でも収穫期を迎えたラベンダーを収穫せずそのまま鋤込み、ラベンダー栽培を辞めて行きます。

1973年。香料会社がラベンダーオイルの買取を中止します。富良野を彩っていたラベンダー畑は姿を消し、ファーム富田だけが栽培をし続けました。

そして、限界がきます。ラベンダーでは生計を立てることが不可能になりながらも、なんとかラベンダーを生かす道を模索します。

1976年。国鉄のカレンダーにトラディショナルラベンダー畑から汽車を撮影した写真が掲載され、次第に観光客がその景色を見に来るようになりました。

そして、旅行者にポプリや「サシェ(匂い袋)」の作り方を教えてもらい、販売するようになります。

そこからはラベンダーを活かした製品を作り、他所に売る香料としてではなく「ファーム富田で」作るものの香料としてラベンダーを栽培するようになりました。

そして今に至ります。

ファーム富田の歴史はこちら。国鉄のカレンダーに採用された写真も見ることができます。

なので、ファーム富田への入場は無料ですが、こんなに綺麗な場所の応援の意味を込めてなにかお土産を買いませんか?。ラベンダーの製品の質はどれもこれも本当にいいです。サシェは作り始めた当時から作り方も値段も変わらないそうですよ。通信販売もしていますので、この記事の最後にまとめてリンクを貼ります(ゝω・)。

ファーム富田のラベンダー畑

ファーム富田
ファーム富田

ファーム富田の歴史を知るとこのラベンダーがもっともっと特別なものに見えてきませんか?現地ではどこにいてもラベンダーの香りがしていて、目に入る色は花の色。まさにお花畑です。

ファーム富田・トラディショナルラベンダー畑
ファーム富田・トラディショナルラベンダー畑

できるだけ人が写らないようにしても、入っちゃいます。

このトラディショナルラベンダー畑は一層香りが強く、それが人を惹きつけています。

上に登りたかったのですが、ちょっと渋滞していて(´Д` )暑かったし。。ので、リベンジします。上から見て国鉄カレンダーと同じ景色を見たい。それが次の旅の目的となり、旅立ちの日を迎える、そんな繰り返しの日々です。

ファーム富田のラベンダー
ファーム富田のラベンダー

これはおそらく濃紫早咲という種類。

ファーム富田・トラディショナルラベンダー畑
ファーム富田・トラディショナルラベンダー畑
ファーム富田・トラディショナルラベンダー畑
ファーム富田・トラディショナルラベンダー畑

ちょっと後ろに引いてみます。人が多いのはラベンダーの時期なので当然。人が来なければ運営できないからこれでいいんです(^ω^)

ラベンダーシーズンのファーム富田
ラベンダーシーズンのファーム富田

いやー、混んでいます!ラベンダーの看板前は順番待ち。どんどん観光バスが来て、どわーっと人があふれます。斜面なのでお花畑によってはちょっと急斜面だったりします。足元が砂利だったりもしますので、歩きやすい靴が絶対いいですよ。上からの景色を見ないなんてもったいない(私はあまりの人の多さと暑さに断念。リベンジします。)駐車場の近くにもたくさんのお花畑があり、椅子もあります。歩くのはちょっと、という方でも存分に楽しめます。

ラベンダーオイル蒸留
ラベンダーオイル蒸留

ラベンダー畑の真ん前で刈り取ったばかりのラベンダーを蒸留していて、これまたものすごいラベンダーの匂い。生き生きとした草の匂いに混じる花の匂いが強烈で、この匂いは思い出すと胸が締め付けられます。この地に行きたくて(´Д` )ここでラベンダーの香りをまた嗅ぎたい、と思います。

ファーム富田・お花畑
ファーム富田・お花畑

ファーム富田・彩りの畑

ファーム富田・おかむらさき
ファーム富田・おかむらさき

場所を移動して彩の畑へ。

富良野線の車窓からも良く見える「ザ・富良野」「ザ・北海道」な景色が広がります。帯状に育てられたお花がもうすごい。

ファーム富田・彩りの畑のラベンダー
ファーム富田・彩りの畑のラベンダー

富良野盆地から遠く十勝山脈を。ぼんやり遠景が薄曇りなのが悔やまれます(´Д` )スカッと青空狙ってまた行きますよ。畑はどこも大混雑、けれどもとてもとても広いので、ふとした瞬間にこんな景色が展開します(^ω^)。

ファーム富田のラベンダー
ファーム富田のラベンダー

おかむらさきはちょっと早くて、これから満開になりますよ、という状態でした。

ファーム富田から富良野線展望
ファーム富田から富良野線俯瞰

時刻表を持っていたので、列車の時間に合わせて見ていました。小さな富良野線のキハ150が駆け抜けていきます。

ラベンダー畑駅を俯瞰

ファーム富田と国鉄の関係から、シーズンになるとファーム富田の間近の線路に臨時駅「ラベンダー畑」駅が開設されます。

ファーム富田からラベンダー畑駅
ファーム富田からラベンダー畑駅

板張りの簡易駅ですが、ここには「ノロッコ号」がやってきますので、もう阿鼻叫喚の騒ぎになるのですが、それは帰りにじっくりと。

ファーム富田からラベンダー畑駅
ファーム富田からラベンダー畑駅

ちょっと遠く感じますが、すぐですよ。

道路大混雑、駐車場も入場待ちとかあります。ファーム富田へはJRがいいです。

#上の写真のメロンのアドバルーン。私は本当に邪魔でダサくて下品で嫌です。これさえなければ、と思う人も多いと思います。

#余談です。旅行中に知り合って仲良くさせてもらっている中富良野出身の道民の方が高校時代ファーム富田でアルバイトをしてたそうです。ファーム富田の前には「某メロン◯田」という「ファーム富田とは全然関係ない施設」があります。施設がくっついているので「ファーム富田かな?」と錯覚してしまうのですが、ファーム富田の敷地へ入る壁には「メロンの持ち込み禁止」と張り紙がされています。

#これは、ファーム富田の歴史の中で、もうラベンダーが限界の時、富田さんの親類縁者がラベンダーなんて止めろ!と。で、大げんかし、仲違いして、ファーム富田がラベンダーを一生懸命やっていた時も一切手伝いも援助もしなかった。のにですよ、いざファーム富田に人が来だしたら「某メロン◯田」を建て、ファーム富田へ来るお客さん目当てに、、てな現状です。なので、できればファーム富田でソフトクリーム食べてくださいね(^ω^)。

ラベンダー畑駅

ファーム富田・ドライフラワーの舎
ファーム富田・ドライフラワーの舎

さて、そろそろ戻る時間です。ノロッコで美瑛まで戻り、そこから旭川へ行きます。ファーム富田のドライフラワーの舎などを見て、ひとときの冷房にあたってまた灼熱の北海道とは思えない熱風吹き荒れる外へと行きます。

#この日の富良野地方30度越えしていました(´Д` )。どうか北海道は涼しい夏でいてください。

歩いて駅まで行きます。時間が近くなると人の流れが駅へ向かうのでなんとなくついて行くとラベンダー畑の駅まで辿り着けます。

炎天下のお花畑にいて、汗だくでたどり着きました。

ラベンダー畑駅
ラベンダー畑駅

ラベンダー畑駅です。線路に板張りの駅ですが、門もあってなかなか素敵です。とにかく溢れる人に対応するためにどんどんものものしくなっています。

駅には接近放送もありますが日本語・中国語・韓国語・英語で流してます。ツアーの方とかも「自由席に」乗り込んでくるので軽く地獄です。指定を増やすと乗れない人が出るからでしょうか。(指定席車両は1両だけなんですよね。釧路湿原ノロッコは展望車両すべて指定席)

ラベンダー畑駅
ラベンダー畑駅
ラベンダー畑の時刻表
ラベンダー畑の時刻表

溢れる人でホームから落ちそうになったり、ノロッコ到着前に乗り出して車両と自分を撮影したりの大騒ぎ。日本の方もたくさんいて、それ以上に海外の方がいて、ホームの木が落ちるのでは?と思うくらいでしたが、なぜか集中的に先頭車両の方に吸い込まれ、気がつくと私の周りは平和でした。

ラベンダー畑駅名板
ラベンダー畑駅名板

窓に向いている木の椅子に腰掛けて、平和に出発です。ラベンダー畑を後にして、美瑛へ列車は向かいます。

この記事の前の北海道東日本パスの旅行記はこちらです

ファーム富田のホームページはこちらです

通販もあります。ラベンダーオイルミスト(おかむらさき)とシリーズナチュラルのラベンダー石鹸が本当おすすめです。

ラベンダーオイルミストはふりかけると今までにないくらい強烈でピュアなラベンダーの香りでめちゃくちゃリラックスします。その匂いはまさにファーム富田そのものです。7月のラベンダーの匂いが一気に室内に溢れかえります。下手なルームフレグランスや芳香剤を駆逐する生き生きとした生のラベンダーの匂いはちょっと他にないですよ

一振りでものすごい香りがたつので、寝る前シュッとふるだけでいつでもそこは富良野です。行った方は鼻腔からあの景色を思い出し、行ったことがない方もいつかファーム富田へ行った時「この匂いだ」と感づきます。本当に良いものなのでぜひオフシャルページから通販ページで探してみてください!

商品ダイレクトはこちら

ラベンダーオイルミスト(おかむらさき)

https://shop-hanabito.net/item/detail.asp?id=1149

アフィリエイトでもなんでもないので安心してくださいね(ゝω・)他にもいろいろオススメですよ

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください