青春18きっぷ旅行記|出雲市からサンライズ出雲92号乗車、東京へ

サンライズ出雲92号 大阪到着

*ついに10000文字を超えました(´Д` )原稿用紙25枚ってどうなのよ。軽く収めるはずだったのにすいません。

列車は順調にとばし、新快速に遜色ない特急の走りを見せてくれます。

車内の案内は関西弁で大阪到着と、停車時間を伝えてくれます。乗り遅れのないようにと釘もさしてきます。大阪には11番線・22:15到着ー22:29出発です。停車時間が14分もありますから、ホームに出て乗り遅れないように注意喚起が何度もありました。

*てことは、そういうことなのでしょうね。大阪に取り残されたらもう帰れない時間ですし(後続の定期サンライズが大阪に0:32到着しますが満席なら乗車できませんし)

もう大阪。。大阪なんて東京だよ(´Д` )

大阪が見えてきちゃいました。

サンライズ出雲から大阪駅を見る
サンライズ出雲から大阪駅を見る

超・大阪。ザ大阪。あのお屋根だけで大阪と解る大阪すごい。

サンライズ出雲・超ラッシュの大阪到着
サンライズ出雲・超ラッシュの大阪到着

定時に到着です。すごいなぁ。人が多いのはさすが大阪です。大宮とは違いますねやっぱり。

JR西日本駅名板・大阪
JR西日本駅名板・大阪

11番線って特急ホームなのかな?広くてきれいで、品格がありました( ^ω^ )。

*私のブログで大阪が出る日が来るとは。。

サンライズエクスプレス・5号車ノビノビ座席車両を大阪駅で外から
サンライズエクスプレス・5号車ノビノビ座席車両を大阪駅で外から

サンライズ出雲92号のノビノビ座席を外から撮影です。すごい迫力あるなぁこの車両。窓と通路ににカーテンがあります。

サンライズエクスプレス・ごった返す先頭車。
サンライズエクスプレス・ごった返す先頭車。

先頭車を横からです。乗車している7号車なので撮ります。

夜行寝台特急列車の宿命のホームでもあるホームでのお子様大運動会が行われていますので、あっちもこっちも巨大なカメラを持って走り回る人たちだらけです(´Д` )。

ここ大阪駅からかなりの乗車がありました。ちょうどいい時間ですもんね。

サンライズエクスプレス 大阪駅
サンライズエクスプレス 大阪駅

車体が結構傷んでいたので心配です。

サンライズエクスプレス クハネ285-1
サンライズエクスプレス クハネ285-1
大阪駅サンライズ出雲92号発車標
大阪駅サンライズ出雲92号発車標

なるほど、サンライズ瀬戸・出雲だとこういう表示になるんだ(・ω・)

大阪駅 サンライズ出雲92号先頭7号車
大阪駅 サンライズ出雲92号先頭7号車

大阪ではホームギリギリに停車するので前から撮れません。後ろまで行けば、、ねえ。行かなかったけど。

そんなこんなで、満室になったサンライズ出雲92号はいよいよ東京へ向けてラストスパートです。深夜帯を走り、次の停車駅は横浜5:56到着です。

*定期サンライズは大阪の次静岡、富士、沼津、熱海に止まります

ここからかつての急行銀河みたいなスジで東京へ。

サンライズ出雲・大阪を出発
サンライズ出雲・大阪を出発

大阪を出発します。なんだか、遠く離れて行く大阪駅を見ていたら涙がにじんできました。

本当に本当に楽しかったのです。本当に。出雲大社すごい、出会った人や食べた食事や見た風景。耳にしていた関西弁。木次線の運転手さんや、備後落合の景色、宍道湖の美しさや、一畑電車。瀬戸大橋も渡ったし、倉敷も行きました。そもそもムーンライトながらで起きたら浜松だったのが何日も遠い昔に感じます。

今自分は寝台特急に乗り東へ東へと進んでいるけれども、出雲市の人は出雲市にいるし、岡山の人は岡山で生活している。その当たり前のことに私はいたく感動してしまうのです。

離れる大阪駅を見ながら、脳裏にシンクロして流れる映像。いつもその場に別れを告げ離れる時に見える映像があったりします。

それは、色々あって、ラピュタがバルスで崩壊して、天空の城から脱出できて、そのフラップターから高く高く登っていく天空の城と大樹と飛行石を見ているシータorパズーの気持ちです。登る天空の城にはロボット兵がいて、鶲(ヒタキ)がいて。自分がその場にはもういなくても、その場所にはこれからも続いてゆく日常がある、ということに謎の感動してしまうのです。

旅をすると最後にいつもこの気持ちが湧きます。どこでもです。訪れた場所はすべて愛していますし、そこへまた行く事が目的の人生かなと思っています。

サンライズの寝台個室に乗りながら、ものすごい速さで離れゆく大阪駅を見ながら、胸をいっぱいにしてました。

大阪からご乗車のお客様へ、と車内放送が始まります。これがおやすみ放送でした。

「本日は満席のため座席の変更はできません」

「シャワーカードは売り切れました」

「携帯電話はおやすみのお客様もいるので必ずデッキで」

と放送されます。トラブルも多いのでしょうね。

途中運転停車はしますがドアが開くのは横浜です。

私のブログを昔から読んでくださる方は知っていると思いますが、寝台は寝るためのものです

大阪を出発して、室内の電気を落とします。(電気が点いていると外が見えないのです)新大阪を通過したのを見届けて、西日本の空の星をサンライズのRがついた窓から見上げます。

すぐに眠るつもりはなかったのですが、京都はおろか高槻も記憶にありません。爆睡してしまいました。

サンライズ出雲92号・東京へ

ふと、列車が止まっているのに気付き、バチッと目が覚めてしまいます。そこはもう東海道線JR東日本エリア「熱海」でした。

新大阪から熱海までよく寝た〜。揺れが気持ちよく、走行音も子守唄。ぐっする眠って、スッキリお目覚めです。

サンライズエクスプレス・根府川の景色
サンライズエクスプレス・根府川の景色

しばらく熱海に停車したのち、出発します。

根府川あたりの海が見えていました。

サンライズエクスプレス・室内のコンセント
サンライズエクスプレス・室内のコンセント

今は必須のコンセントもあります。1口なので、複数の充電が必要な場合はソケットを持っていくと安心かもしれません。

サンライズの寝間着
サンライズの寝間着

サンライズの寝間着はJR浴衣でなく、アーバンなホテルな感じのノリが非常によく効いてそれだけでも起立してしまいそうな膝くらいまであるアレです(名称あるのかな?いわゆる寝間着)

東京へ向かうサンライズ出雲92号の車窓
東京へ向かうサンライズ出雲92号の車窓

サンライズしている進行方向右側の窓です。東を向くから朝日が直接差し込みます。北斗星もそうでした(:ω:)日差しがまぶしかったです。

サンライズ出雲92号車窓・保土ヶ谷手前
サンライズ出雲92号車窓・保土ヶ谷手前

保土ヶ谷あたりを走行し、どんどん次の停車駅横浜が近づいてきます。

サンライズのチラシ

サンライズ出雲チラシ
サンライズ出雲チラシ

出雲市駅にあったサンライズのチラシです。東へ西へ。

サンライズのチラシ・裏面寝台の説明と停車駅、編成の説明
サンライズのチラシ・裏面寝台の説明と停車駅、編成の説明

裏面も充実です。サンライズ出雲は出雲の人の知名度が本当に高いなぁと色々な所で感じました。

今では最後の寝台特急が走る地、出雲と高松ですから、どうか地元の人と、旅行の方、ビジネスの方がたくさん利用して、長く長く存続してほしいと思います。夜にでて、移動時間に眠り、朝に着く。理にかなっている寝台は、今でこそその価値が再認識されていると思うのです。

サンライズエクスプレス・ハンガー
サンライズエクスプレス・ハンガー

部屋のハンガーは壁に当たっても音が出ないようにゴムがついています。これは重要。ハンガーに物がかかっていない時、結構音がするんですよね。

ただ、1つじゃ足りない(洋服をかけて、シャワー後のタオルも干したい)ので可能なら使い捨てのハンガーを1つ持っていくとタオルを干せて便利だと思います。

サンライズエクスプレス車窓・品川の先
サンライズエクスプレス車窓・品川の先

車内はお別れ放送が入り、昨日出雲市を出発したサンライズ出雲92号は間も無く終点の東京に到着することを告げます。

サンライズエクスプレス車窓・新橋
サンライズエクスプレス車窓・新橋

新橋を通過。有楽町の景色を通過し、東京に到着しました。

いったい何本の新幹線に抜かれたかな?とか恐ろしいことを思ったりして。

サンライズ出雲92号・東京到着
サンライズ出雲92号・東京到着

「とうきょう〜とうきょう〜」

あああ、東京だ。日本の中心。全てが集まる首都東京。JR西日本、JR東海、JR東日本と走り、東京に到着です。

到着間際はけっこう撮影している人がいましたが、すーぅっと波が引き写真撮れました。珍しく品川方に行ってみたりして。一晩過ごした寝台特急列車を見送ります。

サンライズ出雲と出雲大社の旅

出雲に縁がいない人も、出雲大社の参拝が目的でこの列車に乗車する事が一番理にかなっています( ^ω^ )。

中国・山陰は関東とはまったく文化が違います。どんなに東京が粋っていても、結局東京以外があるから東京でいる事ができるわけです。東京に居続けるとほんとうにダメだなぁと最近強く思います。

東京に限らず、その場の周りだけだと視野がどうしても狭くなってしまいます。

東京以外でも、その場だけにい続けることは自分を狭めてしまいます。色々なことを決めつけてしまったり、自分を過小評価してしまったり。

視野は広く持ち続けること。

それが、何にでも興味を持てる気持ちと、感動する心を保つ秘訣かなと思います。

身体は年とともに衰えますし、自分の意思で心臓を動かすことはできませんが心と気持ちは自分次第でどうにでもできますよね。

どこかへ行きたい。

でも行く場所が決まらないなら出雲へ行きませんか?

切符の買い方も簡単です。JRのみどりの窓口で「出雲市へ行くサンライズの空きはありますか?」もしくは、「出雲市から東京のサンライズの空きはありますか?」と聞くだけで大丈夫です。空きがあればその場で購入できます。

その発券されたきっぷがきっと今とは違うところへ連れて行ってくれます。

関西圏だとなかなか乗るのが難しい列車ですが、東京に来る時に「わざわざ」出雲市から乗るのもアリだと思います。

きっぷを手にして、その日を待つ。その気持ちをいつまで大切にしたいと思っています。

読んでいただいてありがとうございました!よろしければ北海道の鉄道旅も書いていますので読んでいただけたら嬉しいです。

次は「秋の乗り放題切符」を使用して、「伊勢暦」を入手するために伊勢神宮へ行きます。あと熱田神宮にも行きます。お楽しみに。

コメントを残す