2021年、令和3年11月の暦・お日取り・縁起のいい日、良くない日

令和3年11月の良い日悪い日です。和名月名「霜月(しもつき)」です。ここでは令和3年11月の暦や雑節を記しています。コロナで大騒ぎでした令和3年も暮れてゆきます。去年の分まで今年は離れた家族と同じ時間を過ごせると良いですね。でも、離れた家族と会う時の注意はありますから、もう少し気をつけていきましょう。では、11月の良い日悪い日です。

2021年・令和3年一年間の暦、お日取り、縁起のいい日、良くない日はこちらでまとめています。年間を通して良さげな日の参考にしてください。

令和3年の厄年についてはこちらに詳細を書きました

2022年・令和4年、年間を通しての暦、お日取り、縁起の良い日、よくない日は2021年11月にアップします。お楽しみにお待ちください。

それでは毎度(専門的な事は解りませんが)のご注意に目を通して頂き、令和3年11月の六曜、暦、選日を記します。

毎度の文言ですが日の吉凶、六曜六輝は迷信です。全く私は信じていません。二十四節気、七十二候のみ記していきたいのです。が、どうしても必要になる場面て多々あるよね、と言う事で参考になさって下さい。 特に六曜は知っていてあたりまえな常識に分類される時も多々ありますので一応は抑えておくと何かと便利です。 迷信に騙されない為には、それがどういう意味でどういうお日にちなのかを知ることが大切です。なにか言われたら本当にそうなのか考えられます。日の吉凶はあくまでご参考にどうぞ。

全体で暦の上では縁起が良かろうと言われているお日にち

※良い日まで否定する事は無いと思いますので、縁起のいい日、良い日取りなんだな〜とご確認下さい。大安は大安で良いと私は考えています。

  • 11月3日 ㊗🎌文化の日
  • 11月5日 🌑朔 新月 6:15
  • 11月6日 💴一粒万倍日
  • 11月7日 二十四節気・⛄立冬🏂 13:59
  • 11月8日 🐒庚申
  • 11月9日 一の酉🐥、💴一粒万倍日
  • 11月10日 💴一粒万倍日
  • 11月12日 👼天赦日🉐・🐭甲子・大安・二十八宿 鬼
  • 11月15日 🎎七五三
  • 11月17日 🐍己巳
  • 11月19日 🌕望 満月 17:57
  • 11月21日 二の酉🐥、💴一粒万倍日
  • 11月22日 二十四節気・⛄小雪🍲、💴一粒万倍日
  • 11月23日 ㊗🎌勤労感謝の日
  • 11月1_/_6_/_12_/_18_/_24_/_30_/ 大安

天赦日

干支相生、相克の中庸を得る大吉日です。天の恩恵により一切の障害が起きないと言われている日です。最大吉日です。特に結婚、開店、事業創立、拡張などに用いて最良と言われています。お財布の使い初めもこの日が良いです。今月はこの天赦日があります。お日取りが良い日はこの日ですよ。

2021年・令和3年の最後の天赦日です。今年最後の天赦日です。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

1粒の種が万倍に増える日とされています。事始め、特に商売始め、開店などに吉日とされています。新暦時代に時なぜか暦に入ってきた暦注です。

増えて多くなる意味から借金やものの貸し借りは不向きの日とされています。

たからくじ売り場で良く見かける暦注ですね。

庚申🐵

庚申は八専の第9日目で、金気が重なる日です。神道では猿田彦を、仏家では青面混合を祭ります。この日は「庚申待ち」といい、夜腹の虫が出て告げ口をされることを防ぐため夜通しで起きている風習もありました。

甲子🐭

甲子の日は大黒天の縁日です。

乙巳🐍

福徳賦与の神様「弁財天」を祀る日です。巳は弁財天の使者と言われていました。今でも蛇皮の財布がありますよね。

令和3年11月の大安

何事をするにも吉の日。大安の日は11月1・6・12・19・24・30です。

二十八宿

二十八宿は古代中国において、月の天球上の位置を示す為に用いられていた暦法のひとつです。純粋に天文学的なものであり、吉凶判断の材料ではありませんでした。それが密教占星術である宿曜占術に転じて、暦の年・月・日に配当されました。

二十八の吉凶があるのですが、ここでは万事に大吉」の<鬼(きしく)>を記します。

<鬼>🌠🌟11月12日🌟

バイオリズム

カシオ(電卓やG-Shockのカシオ)のサイトでご自身の誕生日から無料で計算出来ます。バイオリズムは

  • 身体
  • 感情
  • 知性

をグラフで表し、+だと高調、−だと低調と言われています。0は不安定期。ご自身のご参考までにどうぞ。ただし、統計学的に有意なデータが見られず、疑似科学とみなされているます(それを言ってしまうと、、ですが)あくまで参考にしてくださいねhttp://keisan.casio.jp/exec/system/1231994137


全体で暦の上では縁起が悪かろうと言われているお日にち。

※暦注の大半は完全に迷信です。が、どうにも気にする場面もありますので、あくまでも参考程度に。日柄が悪いからと言ってどうにもならない事も多々あります。それでいいのです。

  • 10月31日〜11月11日 八専(1、4、6、10は間日)
  • 11月6日 三隣亡
  • 11月8日 不成就日
  • 11月11日 三隣亡
  • 11月16日 不成就日
  • 11月18日〜11月24日 大つち
  • 11月23日 三隣亡
  • 11月24日 不成就日
  • 11月26日〜12月2日 小つち
  • 11月5日・11日・17日・23日・29日 仏滅

不成就日

ふじょうじゅび、と読みます。障りがあって物事が成就せず悪い結果を招く凶日とされています。字面そのままです。

結婚、開店、柱立て、命名、移転、契約事などには不向きらしいです。 この日に急に何かを思い立ったり願い事も避けましょう、と言われています。他にも色々なことが凶となっていて、結局は全てのことが凶と言われています。とにかく凶。ですが、この日をおやすみに充てる(気持ちの上ですこし息抜き)とするとこの日が来るリズムは悪くありません。

こわい事を言われる日ですが、気の持ちようで悪事も善事に変わります。迷信です。

三隣亡

さんりんぼう、と読みます。普請始め、柱立て、棟上げなどには大凶、もしもこの日を用いて施行した家屋が後日災禍を起こした場合隣近所まで滅ぼす大凶とされていますがもちろん迷信です。建設関係の忌み日です。

江戸時代の暦注解説書には、「三輪宝」の注記に「屋立てよし」「蔵立てよし」と付されており「凶日」ではなく「吉日」の意味で用いられていました。

十方暮れ

じっぽうぐれ、と読みます。1年に6回あり、日の干支によって決まる暦注です。十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の60の組み合わせを毎日一つずつ割り付けたもので、60日ごとにめぐってきます。その日の干支に木・火・土・金・水の5種類の気を割り当て、相性が良くない日が連続する10日間を十方暮れと言います。

十方暮れは「労して功の少ない日」とされています。天地の和合が崩れて新規事や旅立ち、相談事など凶。結局何をやっても凶。何もかも上手く行かない日。と言われる迷信です。この期間は天気陰鬱として晴朗ならず、天地和合しないから何をやってもダメ。

ですが六十干支の内の十日、実に1/6の期間この十方暮れになりますのでまあ、程よく注意しておくくらいで良いのかもしれません。これも迷信です。

八専

はっせん、と読みます。1年に6回あり、日の干支によって決まる暦注です。日の干支とは、十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の60の組み合わせを毎日一つずつ割り付けたもので、60日ごとにめぐってきます。その日の干支に木・火・土・金・水の5種類の気を割り当て、十干と十二支の5行(木・火・土・金・水)が重なる8日間を言います。 10月31日は壬子(みずのえ ね)ですので、[水・水]となります。

令和3年10/31〜11/11が八専で、その間の11月1日、4日、6日、10日は八専の間日と言い、特に障りのない日とされています。

八専は昔その「気」が重なる事から吉はますます吉となり、凶はますます凶となると昔の人に考えられていました。が、いつの頃からか凶の性質のみが強調されるようになったそうです。 現在では法事、供養等の仏事、破壊的な物事の着手や嫁取りには凶とされています。結局何事も上手くいかない凶日です。

陰陽の気が偏るのでこの間天候悪く、陰雨が多いと言われます。

八専の入りの日が晴天ならば八専期間は雨天がち

八専の入りの日が雨天ならば八専期間は晴天がちと言われます。

60日毎に回ってくる六十干支の組み合わせなのです。当然5行も重なるのでそこになんらかの意味を持たせたのか、数合わせ的な事なのか神秘と取ったのか。人って面白いですよね。完全に迷信です。

令和3年11月の仏滅

言わずと知れた何事をするにも忌み慎むほうが良い日です。

5・11・17・23・29が仏滅です。

今月の一番いい日

と言う訳で私が字面と暦注だけで決めた今月の一番良い日はもう絶対この日です。

11月12日(金)

です!。

天赦日、甲子、大安と二十八宿 鬼が重なります。今年最後の天赦日を有効にお使いくださいね。さまざまな縁起を担ぐのに最適です。

今年令和3年11月もどうか皆様に様々な良いことがたくさん重なるようにお祈りいたします。

令和3年11月の節気

  • 令和3年11月3日、「㊗文化の日🎌」で祝日です。戦前は「明治節」と言われていました
  • 令和3年11月23日は「㊗勤労感謝の日🎌」で祝日です。「新嘗祭」です。
  • 11月15日は「七五三」です。
  • 11月9日は「一の酉」です。
  • 11月21日は「二の酉」です。
  • 11月5日は「朔・新月🌑」です。次の新月は12月4日です
  • 11月19日は「満月🌕」です。次の満月は12月19日です

毎日の暦、暦注は当サイトのiPhoneにカレンダーアイコンを追加して使えるものがありますので是非ご利用下さい。

毎日の細かな暦は日めくりカレンダーでコツコツ作っていますので、ぜひホーム画面に置いてみてください

来月令和3年12月の良い日悪い日は令和3年(2021年)11月1日ころにアップします。それではこの月も良い月になりますように。

そして、いつもご利用本当にありがとうございます。皆様が使ってくださるから、読んでくださるからサイトを続けられます。

残り少ない令和3年を楽しく過ごしてください。

そして、今までの分もたくさん楽しいことをしてゆきましょう。今月もご愛顧をよろしくお願いします。

カテゴリー

コメントを残す