iPhone,Android,PC用壁紙”Ultimate wallpaper”「Dust」リリースしました

究極の壁紙シリーズに「Dust」を新しく4枚追加しました。現在究極の壁紙は全部で24枚あります。今までと大きさは同じですが、グラデーションとダストが入っています。
また、今までの究極の壁紙シリーズについてもご紹介しています。

究極の壁紙「ダスト」
究極の壁紙「ダスト」

iPhone6,iPhone6 Plus 対応しています

iPhone6 Plus Landscapeモード(横向きホーム画面)に対応した壁紙です。
iPhone6でももちろんお使い頂けます
iPadでも使えます。Androidも(たぶん)大丈夫。

究極の壁紙シリーズです。
iPhone5sの画面24枚分、3840×4544の広大な壁紙です。
設定時にスワイプで移動、ピンチ動作で拡大や縮小。カメラロールでの回転後設定など自由に動かして、お好みの場所を設定して使って頂けます。

上記画像、縦四角の1つ1つがiPhone5モニタサイズの大きさで作ってあります。
そうなると画像サイズが心配、大きくて重くならないの?と言う懸念もありましたが、ダストを除く究極の壁紙のサイズは1枚60〜70KB(キロバイト)です。1Mバイトにもなっていませんので容量を圧迫する事もありません。グラデーションのみ1M弱です。
だいたい皆さんがiPhoneのカメラで写真を撮ると1枚1〜2MB(メガバイト)です。1024KBで1MBです。

この壁紙はお好みの色味の所で設定して頂くイメージで作りました。

  • 大きく拡大し、単色での利用
  • 縮小し小さい四角をモザイク風に設定
  • ドックとホームを区分けるように設定
  • 真っ黒にしてみたい
  • 文字色が黒で色々な色を壁紙に試したい
  • 文字色白でシャドウが無い壁紙の色を使いたい
  • 絶対他の人と壁紙被りたくない

 

などなど、色々な使い方が出来ると思います。

iOSの制限がありそのままのサイズで設定する事は出来ず、壁紙は内部で縮小されているようです。
その関係である程度拡大すると色と色の境目がぼやっとジャギー(ギザギザ)が見えてしまいますので、境目利用の時は最大拡大せずに気持ち小さめに設定してみて下さい。ですが気にならないとは思います。

その都度がらっと画面の表情が変わるこの「究極の壁紙」シリーズ、ご好評頂けて嬉しいです。今回はグラデーションサークルとキューブの壁紙、色味が明るいものと若干暗めの配色もあるものの4枚リリースです。透明感がありますのでこれからの季節にもぴったりではないでしょうか?

壁紙の位置でiPhoneの文字色、白文字の場合は文字下のシャドウも変わりますので、お好みの配置を見つけて下さい。できるだけ文字下シャドウが無い配置を見つけて頂くとすっきりクリアにお使い頂けます。
壁紙のちょっとの移動で文字色が変わりますので面白いですよ。

ダストシリーズのご注意

この「ダストシリーズ」は容量が若干巨大になっていますので注意が必要です。

今までの究極の壁紙シリーズはとても容量が小さいのも売りだったのですが、今回の「ダスト」はどこに設定してもグラデーションがきれいに出るように作っています。
書き出し後の圧縮をしていませんので、若干大きい容量になっています。
一番サイズが大きなもので皆さんが普段撮られてる写真の10枚の半分の容量約10枚程の容量です。

もし、3G、LTEでダウンロード出来ない場合はお手数ですがWi-Fiでお試し下さい
※この「ダスト」の4枚のみ容量が大きいです。

iOS7.1から設定壁紙の調整がいつでも(設定アプリから)できますので、一度壁紙を選んだらその時の気分で変更もする事ができます。

また、かなり大きいのでPCにも設定出来ます(が、シリーズによっては全体で見るととてもダメなものもあります。。
拡大利用する使い方で作っていますのでPC用にはこの「ダスト」のキューブか「モザイク」がオススメ。かわいいですよ)

究極の壁紙 デンドロビウム
究極の壁紙 デンドロビウム

他に「デンドロビウム」「モザイク」「ブロック」とあり、究極の壁紙はこれからもシリーズを広げて行く予定ですのでどうぞご期待ください。

やがて出てくるiPhone6。iPhone5sの次の機種がどのような画面解像度で来たとしてもこの壁紙は利用できます。もちろん最適化したものも出して行きますので今後もよろしくお願いします。

究極の壁紙はこちらからダウンロード出来ますので、是非ご利用下さい!

コメントを残す